宮之城から紫尾温泉へ

今回の目的地はさつま町にある秘湯、紫尾温泉神の湯へ向かうことにしました。

当ブログでさつま町関連の記事といえば、まだ「宮之城線」の駅跡しか書いておりませんが、

ようやく本記事で温泉を取り扱えることになりそうです。

ちなみに、今回この地を訪れた狙いは紅葉、そして美肌の湯と言われる秘湯に行ってみたかったからです。

川内川のほとりにて、夕焼けが迫る。
川内川のほとりにて、夕焼けが迫る。
紫尾温泉を目指す。
紫尾温泉を目指す。(停車中に撮影)

紫尾神社の紅葉

紫尾温泉に到着。

まずは「紫尾温泉神の湯」の源泉がある紫尾神社を訪れてみました。

紫尾神社の鳥居。紅葉の見頃を迎えた。
紫尾神社の鳥居。紅葉の見頃を迎えた。

11月末になると、紅葉の見頃を迎えます。

ちょうど私が訪れた際、ちょうど紅葉の時期に当たったところでした。

ということで、ここからしばらくは紅葉のお写真とお付き合いください。

紫尾神社境内にて
紫尾神社境内にて
紫尾神社境内にて

紫尾神社境内にて

こちらは社殿。丸に十の字が見える。
こちらは社殿。丸に十の字が見える。

紫尾温泉神の湯

いよいよ神の湯に到着。

建物はご覧の通り、神の湯や神社が隣にあるのも相まって、神社の社のような見た目です。

紫尾温泉、神の湯の入り口を斜めから。
紫尾温泉、神の湯の入り口を斜めから。
こちらは神の湯の入り口から。
こちらは神の湯の入り口正面から。

いくら隠れたスポットとはいえ、私が訪れた夕方の時間帯は地元の方々をはじめ多くの人たちで繁盛していました。

泉質

泉質は単純硫黄泉になります。

そのため、(浴槽の画像は無いのですが)緑色というか青緑色を示していたと思います。

近場にある宮之城温泉と同様、美肌の湯として知られており、

入った後の肌の感触がとてもスベスベしました。

名物、あおし柿

神の湯の名物といえば

「あおし柿」

です。

では、「あおす」とはどういう意味なのでしょうか?

正解は、「柿の渋を抜く」の鹿児島弁だそうです。

紫尾温泉名物、あおし柿
紫尾温泉名物、あおし柿。

したがって、「あおす」と検索すると上画像のようは紫尾温泉の画像がいっぱい出てきます。

なお、毎年10月の後半から11月の末にかけての恒例イベントになるので、

地元テレビ局のニュース映像に流れてくるようです。

普段私は柿をあまり食べないので、

「温泉であおした柿はどこで手に入るのか」まではよくわかりませんでした(汗)

最後に、温泉水を飲んで帰路につくことにしました。

こちらの温泉は飲用もでき、健康のためにもいただきました。
こちらの温泉は飲用もでき、健康のためにもいただきました。
神の湯の近くには温泉旅館も立ち並ぶ。
神の湯の近くには温泉旅館も立ち並ぶ。

A GUT FEELING 7TH EDITIONをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

おすすめ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

A GUT FEELING 7TH EDITIONをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む