先日港で黄昏ていたときのこと。

周りから見られていることを気にせず、自分の世界にはまり込んでいるカップルを見かけた。

熱い抱擁したりキスしたり。。。

それを横目に私は夕暮れ時の風景を残そうとした。

黄昏時ののサクラフェアリーこと第二桜島丸
夕刻のサクラフェアリーこと第二桜島丸。

たまたま散歩中のおっちゃんから

「あのカップルも撮っちゃえ(笑)」

なんて、話しかけられたものの、

私が好きなのは夕景なので、羨ましいなとは思いつつも目障りだったので(笑)

彼らを私の視線から外した。

彼らには彼らの、私には私の世界がある。

そんなことを言っている私も、ゆうべはすごくかわいい子を人目を気にせず抱擁していた。

その子のことをいつまでも手放したくなかったのだろうなぁ。。。

しばらくしてその子とクルージングしてた。

そのあとのことは覚えていない。

Legend of the Seas。

あの出来事から数日が経ったゆうべの眠りは、いつもにまして浅いものとなってしまった。

ただ、その子は私のこれまでの人生において実際に会ったことはないけれど、

目はすごくパッチリしていてすごく印象的なのは確かだった。

また会ってみたい。今度は現実の世界で。


A GUT FEELING 7TH EDITIONをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

おすすめ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

A GUT FEELING 7TH EDITIONをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

Verified by MonsterInsights